富士工務店こだわりの家づくりの姿勢をご案内いたします。

大阪市の新築一戸建てなら富士工務店 | 富士の家づくり 安心と信頼の基礎工法

富士の家づくり 徹底した調査

富士の家づくり 徹底した調査

基礎を構築する際、まずはスウェーデン式サウンディングに よる地盤調査を施します。
スウェーデン式サウンディングとは、最大1kN{100kg・f}の 荷重と回転により、先端部のスクリューポイントを地盤に貫入させ、地盤の強度を推定する静的貫入試験の 一種です。深さや土壌特性を把握・分析することにより的確な地盤改良をおこないます。


大阪市の新築一戸建てなら富士工務店 | 富士の家づくり DSP工法

富士の家づくり DSP工法

DSP工法は、茨木市庁舎にも採用実績のある信頼性の高い地盤改良工法の1つです。

DSP工法とは、セメント系固化材を、水を使わず粉体のまま土と混合撹拌して乾式柱状支持体を形成する工法。

土とセメント系固化材を混ぜることで地中に柱を作ります。

これを一定間隔に配置し、家の重量を分散して支えます。
地盤を補強することで、不同沈下を防止します。


大阪市の新築一戸建てなら富士工務店 | 富士の家づくり 安心と信頼の基礎工法 耐震性に優れた工法

富士の家づくり 安心と信頼の基礎工法

富士の家づくり 耐震性に優れた工法

家づくりで最も重要な部分と言える基礎。
地盤に鉄筋を配筋し、コンクリートを流し込むベタ基礎工法を採用しております。
地面をコンクリートで覆うために、防蟻対策や防湿対策に優れています。
面で家を支える構造のベタ基礎工法は地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。


富士の家づくり 耐震性に優れた工法

布基礎はべた基礎に比べ軽く住宅地盤に余計な力を掛けないと言われています。
しかし基礎が軽くても地盤が軟らかければ、地盤改良や鋼管杭などの処置が必要です。

地盤と基礎が一体化しておりベース面積が広く安定感に優れています。建物自重・積載荷重を分散し、均一に受ける構造なので地盤への負荷を軽減します。


富士の家づくり 適切な地盤補強 ベタ基礎

大阪市、北摂、守口・門真・寝屋川エリアから物件を探す


弊社で作成した、物件の間取図・物件の概要・写真・契約条件等が記載されています資料を送付させていただきます。その他ご要望がございましたらお気軽にご連絡臭さい。物件資料と合わせてご準備いたします。
富士工務店への資料請求はこちら
ご覧になりたい物件がございましたら、下記より富士林プラザ来場予約をご利用ください。専属のスタッフが案内させていただきます。
富士工務店への来場予約はこちら
富士工務店